家計も助ける?タイヤの空気圧点検で快適なカーライフを!

2019/02/14
お役立ち情報

タイヤの空気圧、ちゃんとチェックしてますか?

こんにちは!車検のコバックです。

 

あなたの愛車、タイヤの空気圧を定期的にチェックしていますか?

タイヤの空気圧点検は、月に1回行うのが理想とされています。

 

「そういわれても今までやったことないし…」

「タイヤの空気圧なんて点検しなくても大丈夫でしょ…」

 

そう思っているなら要注意です。

 

空気圧を点検することによって事故の可能性を、そしてなんと月々の出費を減らすこともできちゃうんです!

今回はタイヤの空気圧点検がなぜ大切なのか、どんな影響があるのかを解説します。

家計を助けるタイヤの空気圧点検

クルマのタイヤには空気が入っていますが、その適切な空気の量、つまり空気圧はクルマごとに違うことはご存知でしたか?

クルマの適正の空気圧は、そのクルマの運転席ドア開口部などに「指定空気圧」として記載されています。

つまりその空気圧の数値に合わせることが、車両にとってもタイヤにとってもベストなのです。

 

それでは空気圧が指定の数値より高い場合や低い場合、どのような問題が生じるでしょうか。

 

タイヤの空気圧が高い。つまり空気の量が多い場合、タイヤが異常に張ってしまいます。

そうなると走行時の衝撃を吸収する力が弱まり、跳ねるような乗り心地になります。

 

また空気圧が高いと、路面とタイヤの接地面積が狭くなるので、タイヤのグリップが利かなくなり結果的にブレーキが利きにくくなります。

 

さらに、空気圧が高いとタイヤの寿命が短くなります。先ほど言ったようにタイヤの接地面積が狭くなるので、その狭い範囲に摩耗(センター摩耗)が集中してしまうためです。

タイヤの寿命が短くなればその分タイヤを買い替える必要があるため、経済的ではありません。

 

では逆に、空気圧が指定の数値より低い場合はどうなるでしょうか。

 

まず第一に、クルマの操縦性が下がります。

空気圧が低いことによって、タイヤがつぶれるといった変形を起こし、ハンドルが左右に取られたりするためです。

 

第二に、パンクの危険性が上がります。

空気圧の低いタイヤは熱を帯びやすくなり、バースト(タイヤの破裂)を起こす可能性が高くなるためです。

 

そして第三の理由としては、クルマの燃費が悪化します。

一般社団法人省エネルギーセンターによる調査では、タイヤの空気圧が適正値より50kPa(キロパスカル)不足した時、市街地で2.5%程度、郊外で4.3%程度燃費が悪化するというデータが出ました。

 

タイヤの空気圧は、高くても低くても経済的ではないということです。

家計のために、そして何より安全のためにタイヤの空気圧を点検する必要があるのです。

タイヤの空気圧はこうやって調べる

クルマの空気圧は、タイヤのたわみぐわいなどからある程度分かりますが、しっかりと点検する際には、エアゲージを使用して空気圧を測定します。

その際、タイヤが冷えているときに行うことが必要です。

タイヤが暖まっていると、空気が熱膨張を起こし空気圧が高くなってしまい、正確な数値が測定できないためです。

 

空気圧の測定が終わったら、空気圧の調整を行います。

空気圧の調整は、先ほどの「指定空気圧」を下回らず、上限を10%程度にとどめるのが安全上理想です。

また空気圧点検の際は、スペアタイヤの点検も忘れずに行いましょう。

空気圧のついでに点検したい項目

タイヤは、空気圧のほかにも点検すべき項目があります。

 

・タイヤの外傷
主にタイヤのキズやヒビ割れを指します。

路面の縁石やガラス片などでタイヤにキズができていたり、ヒビ割れが発生していると、バーストの原因になります。

またタイヤを長期間、直射日光にさらしたままにしていると、タイヤの表面にヒビ割れが発生することもあります。外したタイヤは直射日光の当たらない涼しい場所で保管するようにしてください。

 

・溝
タイヤの残り溝が残っているかチェックします。

タイヤの溝が大きく減っていると、ぬれた路面でブレーキが利かなくなり、事故の原因になります。

タイヤの溝は深さが1.6mm未満になったものは法令違反となり、車検に通らなくなってしまいます。

溝がなくなったタイヤには「スリップサイン」が出てきます。このスリップサインが出てきたら、タイヤを交換しなければなりません。


・偏摩耗
これもタイヤの溝の減りですが、偏摩耗はその名の通りタイヤの溝が偏った減り方をすることを言います。

偏摩耗が進むとタイヤの寿命が短くなったり、振動・騒音が大きくなる原因となります。

偏摩耗は先ほどの空気圧の不足や過多によって生じることもありますので、定期的な空気圧チェックが大切になります。

 

また、偏摩耗を防止する方法として、タイヤのローテーションが効果的です。

タイヤの取付位置を変えることによって、タイヤの摩耗を均等にすることができるのです。

タイヤの入れ替え方はクルマの駆動方法によって異なるため、詳しくはコバックまでお問い合わせください。

タイヤの空気圧点検もコバックにおまかせ!

いかがでしたか?

タイヤの空気は時間を置くと自然に抜けていくので、定期的な点検が必要になります。

月に1度の点検が理想的だと言われていますが、自分でやるには手間がかかります。

そこで車検のコバックは、車検時にはもちろん平時でもタイヤの空気圧点検を実施しております。

もちろん車両指定低気圧や点検・調整方法がわからない等、お困りの際もぜひ車検のコバックへお問い合わせ、ご来店ください。