コバックニュース

お役立ち情報 2020/07/17

車検はいつから受けることが出来る?期限は短くならない?
  • facebookボタン
  • twitterボタン
  • lineボタン

車検は1ヶ月前から可能

車の画像

車検期限が近づいているけれど、車検はいつから受けられるのだろう?

ズバリ!お答えします。

車検証に記載されている満期日の1ヶ月前から受けられます!

 

それだと次回の車検期限が短くなることはないの?

大丈夫です!

1ヶ月以内であればどのタイミングで車検を受けても期限は短くなる事はありません!

 

 

【車検1ヶ月より前に受けた場合】

では、満期日の1ヵ月よりも前に車検を受けた場合はどうなるのでしょうか?

車検を受けたその日から2年間の車検有効期間となります。

お客様の中には車検満了日を変更する方もいらっしゃいます。

春から車が必要になるというお客様が多くお車をご購入される時期が冬の時期です。

つまり、冬の時期は車検台数が多くなります。さらに新潟県内では雪も降り動きづらい時期になります。

そこで車検を早めに受けてお客様の都合の良い時期に車検をお通しされる方もいらっしゃいます。

しかし、この場合は残りの期間の前回の車検代は無駄になってしまいます。

特に法定費用に含まれる自動車重量税は全額無駄になってしまいます。

 

車検期限が過ぎてから受けた場合

車検期限が過ぎていますので、いわゆる「車検切れ」のお車になります。
車検が切れてしまうと公道を走ることはできません。そのため、レッカーを手配してから自動車整備工場へ輸送となります。
レッカーを利用するため無駄な出費となってしまいます。
「車検切れ」にならないように日頃から注意しておきたいですね。
 
ちなみに、車検切れの状態で公道を走った場合には以下の罰則があります。
・6点の違反点数
・30日間の免許停止処分

車検を直前で受ける注意点

運転している画像

 

車検にかかる期間は平均で2、3日となっております。

最近では車検の短時間化が進んでおりますので当日に車検が終わることもあります。

(当社でも店内でお待ちいただく間に車検が終わるメニューをご用意しております!)

しかし、車検点検項目に該当する箇所に異常があった場合はお約束のお日にちよりも多くお預かりすることがあります。

お車の状態は整備工場でなければ判断出来かねます。

万が一のためにも余裕を持って車検を受けていただくことをおすすめします。

まとめ

運転している画像

 

・車検は期限日1ヶ月前から実施が可能

・対象期間であれば期限は短くならない

・期限日直前になってからの車検は費用増の可能性がある

 

車検は公道を安心・安全・環境に配慮しながら走るための重要な検査になります。

自身の出費を大きくしないためにも時間に余裕を持って車検を受けましょう。

 

指定整備工場であれば「保安基準適合標章」を使い最長45日前から車検を受けることが可能です。

車検のコバックでは40日前から受け付けております!

いつから車検を受けられるのか確認したい場合はぜひお気軽にお問い合わせください。